【胃の痛み.com】原因について

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
inoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link



ここでは胃が痛い時の原因について、詳しく説明していきます。

胃が痛むのは色々な原因によって起こります。また、病気を抱えている人や健康状態が思わしくない人だけでなく、普段から健康的な体の人でも起こり得ます。

胃が痛む時は通常空腹時に起こりやすいのですが、暴飲暴食やストレス、疲労などが重なって起こります。この時胃の中では胃液(胃酸)過多の状態になっていて、胃壁が傷付くことによる刺激が痛みとして感じるようになります。
他にも何かしらの病気を治療中に薬を服用している場合、その薬の副作用として胃痛を発生させていることも原因のひとつとして挙げられます。

そして病気が直接的な原因として、胃の痛みを発生させていることも考えられます。胃に穴が開く胃潰瘍や、急性胃炎慢性胃炎胃がんなどがあります。これ以外にも慢性膵炎、急性膵炎、膵がん、急性肝炎、肝硬変、胆石症、胆のう炎などの病気が胃の痛みを感じる原因となっていることもあります。

胃の痛みが続いたり痛みが強い場合は、まずは病院で診察を受けるようにしましょう。


⇒ ストレスとの関係


sponsored link


copyright©2013  【胃の痛み.com】胃が痛い時の原因・ストレス・対処法  All Rights Reserved