【胃の痛み.com】胃がん

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
inoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link



ここでは胃の病気について、胃がんを詳しく説明していきます。

胃がんとは胃の粘膜に悪性腫瘍が発生した状態です。胃がんは日本人において肺がんに次いで2番目に多い癌で、特徴として症状が少なく早期発見が難しい癌です。
またピロリ菌感染者とそうでない人では、癌の発生リスクが大幅に変わり、およそ5倍から10倍もの確率で発生率が変わります。
癌と聞くと「不治の病」、「死ぬ」などを連想してしまいますが、早期発見と早期治療が可能であれば、けして治らない病気ではありません。しかし、進行がんとなると他臓器への転移や合併症を起こしやすくなり、治療は困難なものとなってしまいます。ですから胃がんの早期発見には、人間ドックなどの健康診断を定期的に受けることが重要となります。

胃がんの症状は、胃炎と同じく胃の痛みの他に吐き気や嘔吐、食欲不振や倦怠感、黒色便や吐血などが挙げられますが、初期であればほとんど自覚症状はありません。そして末期に近付くにつれ症状は次第に明るみになり、重さも増してきます。特に痛みに関しては鋭く重くなることが多く、モルヒネという麻薬指定されている合成鎮痛薬を用いて鎮痛する機会があるほどです。

胃がんの治療はがんの三大治療と呼ばれる方法があります。「手術治療」と「放射線治療」と「抗がん剤治療」の3つの方法の事を指して言います。多くの場合この3つの治療法を併用して治療が進められます。他にも漢方薬を用いたり、最近では第四の治療法として確立され始めている「免疫療法」があります。これは他の治療法とは違い、自身の免疫力を高めて癌を内側から排除する治療法で、副作用も少なく効果も立証され始めている画期的な治療法です。しかし、これには患者の心因的要素が大きくかかわっている為、結果的に患者自身のコンディションに大きく影響されるのが特徴です。


⇒ 胃潰瘍

⇒ 急性胃炎

⇒ 慢性胃炎

⇒ 胃ポリープ


sponsored link


copyright©2013  【胃の痛み.com】胃が痛い時の原因・ストレス・対処法  All Rights Reserved