【胃の痛み.com】急性胃炎

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
inoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link



ここでは胃の病気について、急性胃炎を詳しく説明していきます。

急性胃炎は、急性的に胃の粘膜に炎症が起きている状態です。急性胃炎を繰り返していると慢性胃炎となります。原因として挙げられるのが、刺激がある飲食物や薬剤によるもの、そしてストレスによるものがあります。
コーヒーやアルコールなどの飲み物や唐辛子などの香辛料を多く含む食物、また暴飲暴食などは、胃の働きに大きく負担をかけてしまう為、炎症が起きやすい状態になります。とくにアルコール類は胃の粘膜を荒らす上に、胃酸の分泌を促す為、過剰な摂取には注意が必要です。

急性胃炎の症状は、胃の痛みの他に吐き気や嘔吐、食欲不振や倦怠感などが挙げられます。症状が酷くなると、びらんや潰瘍、吐血や下血を伴うこともあります。

急性胃炎の治療は、原因が明確であればその原因を除く治療が基本となります。一日程度絶食をして胃を休ませ安静にしておくと、多くの場合症状は治まります。食欲が湧いてきたら、おかゆやうどんなどの消化の良いものを食べるようにします。それから段々と通常の食事に戻していきます。
出血が認められる場合には、内視鏡を用いて止血治療を行います。症状が重い場合は、胃酸分泌抑制剤や胃粘膜保護薬を服用して経過を見ます。


⇒ 胃潰瘍

⇒ 慢性胃炎

⇒ 胃ポリープ

⇒ 胃がん


sponsored link


copyright©2013  【胃の痛み.com】胃が痛い時の原因・ストレス・対処法  All Rights Reserved