【胃の痛み.com】ストレスとの関係

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
inoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link



ここでは胃の痛みとストレスとの関係について、詳しく説明していきます。

現代社会に行ける中で、精神的な負荷、いわゆるストレスは老若男女どんな人でも抱えています。ストレスが一切ないという人は恐らく居ないでしょう。
しかしストレスを抱えているからといって、必ず体に変調をきたすというわけではありません。ストレスが自分の許容範囲を超えた時に初めて、体への影響が出てきます。目の疲れや肩こり、頭痛やめまいなど、人によってまた状況によってその症状は様々です。この中に胃の痛みも含まれています。

ストレスが招く病気の仕組みは、交感神経が一方的に緊張することで始まります。この時体内ではアドレナリンが過剰に作用し、顆粒球が増加することで各組織の破壊が進みます。さらに血管が収縮し血行障害を引き起こします。対象的に副交感神経の働きが低下し、リンパ球の減少によって免疫力が低下します。また排泄分泌機能が低下し代謝の働きが減少します。
このようにストレス過多の状態になると、体の中では色々な作用が働き、体を正常に保てなくなってしまうのです。

ストレス発散は現代社会人の永遠のテーマかもしれません。許される時間と金、自分を取り巻く環境など、色々な状況を踏まえた上で対応していかないといけません。何が今の自分にとって有効なのか、必要なのか。すぐに答えが出るほどに簡単な問題であれば、大きなストレスを抱えることもないのかもしれませんね。


⇒ 原因について


sponsored link


copyright©2013  【胃の痛み.com】胃が痛い時の原因・ストレス・対処法  All Rights Reserved