【胃の痛み.com】胃の構造と役割

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
inoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link



ここでは胃の構造とその役割について、詳しく説明していきます。

胃は消化器の中で食道の次にあり、その後には十二指腸と続きます。
食道から続く胃の入口部分を噴門部、十二指腸に続く胃の出口部分を幽門部、それ以外を胃体部と呼びます。胃は大きく左側に湾曲した形をしていて、広がって膨らんでいる側を大彎、狭い右側を小彎と呼びます。
正常な胃であれば、その位置は正面から見てちょうどみぞおち辺りに位置しています。

胃は口から入った食物が食道を通って、最初に貯留し消化する役割を持っています。
胃液(胃酸)を分泌するのは2つの目的があり、1つは胃で貯蔵している食物を腐敗させないため、もう1つは食物を液状または泥状に消化するためです。よく勘違いされがちなのですが、栄養素の吸収は大半が小腸で行われるため、小腸が吸収をしやすいように消化するのが胃の役割で、胃が栄養素を吸収しているわけではありません。

また胃は胃液(胃酸)によって食物を分解し溶かしていくわけですが、胃自体が消化されないのは胃が粘膜に覆われているからです。さらにそれだけではなく胃液を中和する重曹も生成しているのです。
この仕組みが何らかの理由でバランスを崩れてしまうと、胃に穴が開く胃潰瘍という病気になってしまう恐れがあります。


sponsored link


copyright©2013  【胃の痛み.com】胃が痛い時の原因・ストレス・対処法  All Rights Reserved